里山×里海をベースに活動するクリエイター&アーティストのための
茨城県北移住情報サイト

茨城県北へのオフィス整備等進出支援 100万円の補助あります!※

里山×里海をベースに活動するクリエイター&アーティストのための茨城県北移住情報サイト

茨城県北へのオフィス整備等進出支援 100万円の補助あります!※

ABOUT
茨城県北クリエイティブプロジェクトとは?

茨城県、茨城県北に位置する6市町と民間及び建築家が連携して、商店街の空き店舗等をリノベーションしてシェアオフィスとして整備したり、クリエイターやクリエイティブ企業等をサポートすることで、クリエイターやアーティストが、働く場所や時間にとらわれない、あたらしい働き方を生み出すことを目的としたプロジェクト。今年度は、茨城県北の2エリアの、空き店舗や空き家を活用し、シェアオフィスとしてリノベーション。場所は、日立製作所発祥の地として有名なものづくりのまち「日立市」と、日本三名瀑に数えられる袋田の滝、温泉、奥久慈しゃも、りんごなど観光と食の魅力にあふれる「大子町」。
上記シェアオフィスに進出するクリエイター、クリエイティブ企業に対しては、最大100万円の事業所開設・運営補助のほか、3か月間家賃が無料となる「お試し居住」など移住に向けたサポートメニューも充実しているようだ。

事務所を開設する際に要する経費(事務機器用品の購入代、オフィス賃借料、通信回線使用料等の一部を補助(補助率1/2 。最大100万円))

EVENT
イベント開催情報

いばらきさとやまビジネスキャンプ2016 vol.4

いばらきさとやまビジネスキャンプ2016 vol.4

イベント詳細
日時 2016年10月8日 (土)
開催地 里山ホテル ときわ路
時間 10:30〜17:30
定員 30名
参加費 無料(ただし、昼食代、集合場所までの交通費はご自身でご負担願います)
お申し込みはこちら

SHARE OFFICE
シェアオフィス

ローカルクリエイティブ × ソーシャルデザイン
茨城県北2つのエリアに、マチ×人がつながる
シェアオフィスをリノベーション

今年度は、茨城県北の2エリアの、空き店舗や空き家を活用し、シェアオフィスとしてリノベーション。場所は、日立製作所発祥の地として有名なものづくりのまち「日立市」と、日本三名瀑に数えられる袋田の滝、温泉、奥久慈しゃも、りんごなど観光と食の魅力にあふれる「大子町」。
上記シェアオフィスに進出するクリエイター、クリエイティブ企業に対しては、最大100万円の事業所開設・運営補助のほか、3か月間家賃が無料となる「お試し居住」など移住に向けたサポートメニューも充実している。
※事務所を開設する際に要する経費(事務機器用品の購入代、オフィス賃借料、通信回線使用料等の一部を補助(補助率1/2 。最大100万円))

AREA 1
日立エリア

JR常陸多賀駅徒歩1分の常陸多賀駅前商店街の一角という好立地。
希少な古民家風建物で地域の方々に親しまれていた元商店(かどや)と元歯科医院(ひたちたが)の2棟をシェアオフィスとしてリノベーション。

SHARE OFFICE 1
元かどや跡地

古くから親しまれてきた商店をリノベーション!

日立建築家コメントよりメッセージ

日立市・多賀の街において長い年月歴史を刻んできた「角屋」。
この角屋の趣きや立地だからこそ成立する「新しい人・新しい営みが集う交流拠点」をデザインすることが計画主旨です。
創業事業を地域に提供するショップテナントは既存の趣きある屋根の直下にレイアウトされ、この街の商店としての姿・風情を継承すると共にコア的な耐震機能をも担います。
また、商店街の道(みち)に面して配置された客席はあたかも「街の縁側テラス」のような空間となり、街の人々が気軽に立ち寄れる新しい憩いの場にリノベートされます。
心強いプロジェクトパートナーの地元工務店・(株)山森の方々と共に現在計画進行中です。

建築家
鯉渕 健太 茨城県出身・在住

建築設計事務所勤務時に「地場産の木の家」「地域の古民家再生」といった職人の手仕事を尊重する建築プロジェクトに多く携わる。
その後2012年に鯉渕健太設計を創業。地域でものづくりに携わる職人や生産者と共に、住宅設計・店舗インテリア・民家リノベーション等のプロジェクトを手がけている。

地元に人気の元商店かどやを、趣を活かしてリノベーション。地域との交流拠点としても機能する楽しい空間に。家賃は53平米40,000円~
【街角縁側】として地域とつながり、まちの課題解決にクリエイティブを活かす拠点としても活かしていく。

SHARE OFFICE 2
元石井歯科跡地

歯医者さんがオフィスに!?
屋上から海も見えるクリエイティブスペース

日立市よりメッセージ

日立市の歴史とともに時を重ねてきた古民家「かどや商店」。惜しまれつつ平成26年に閉店となりましたが、名物商品だったアイスキャンディーは、今でもここで暮らす方の記憶に深く刻まれております。 そんな地域の賑わいの中心だった「かどや」とその向かいに位置する元歯科医院のビルが、クリエイティブ企業や新規創業者が集う場所に生まれ変わります。
JR常陸多賀駅徒歩約1分の好立地のほか、近隣には、(株)日立製作所やJX日鉱日石金属に代表される大企業及び関連中小企業も集積するなどビジネスに適した環境に恵まれております。ぜひ、この場所で、新たなビジネスにチャレンジしてみませんか。

日立市産業経済部商工振興課
坂本係長

元歯科だったという空間を活かし、フラットで使いやすいシェアオフィスに。屋上からは海も見えて、BBQも?
屋上からは、日立の街が一望できる。また、海と山両方を眺めることができ、とても気持ちが良い。
この屋上に立つと良いアイディアが生まれるかもしれない。

AREA 2
大子エリア

昭和レトロの雰囲気が残る常陸大子駅前商店街の一角をシェアオフィスとして改修。

大子町建築家

建築家
山﨑 健太郎

地域住民と石をつんでつくった沖縄の「糸満漁民食堂」、家族も過ごすことができる佐賀の「さやのもとクリニック」、園児たちの原体験をつくる千葉の「はくすい保育園」の設計を手がける。
日本建築学会作品選集新人賞、Good Design 賞ベスト100 と特別賞、AR Emerging Award(UK)など受賞。2011 年には、上海事務所を開設。
2014 年より工学院大学非常勤講師。

大子町よりメッセージ

この度,大子町に不足するクリエイティブ企業等の誘致や商店街全体の賑わいづくりのため,常陸大子駅前の2階建ての空き店舗をリノベーションし,シェアオフィスを整備しました。安価な賃料でビジネス空間の提供を行い,意欲ある経営者の入居を支援します。
オフィス周辺には,元気に活動している個人商店や飲食店が数多くあり,オフィス・事務用品の購入や食事が容易です。また,文化福祉施設や近代の歴史的建造物,久慈川沿いの自然遊歩道などもあり,仕事の合間に散策ができます。その他,住宅のサポートとして,空き家の情報提供を行います。
一方,このオフィスはまちづくりNPO法人「まちの研究室」の事務所も兼ねており,まちの研究室では,地域で活躍する人材との交流を通じた,新たな発想・新たな手法による大子発の起業を積極的に応援します。

大子町役場まちづくり課
皆川係長

子供の頃に通ったという地元の方の記憶を残す、元街の写真館だった建物をリノベーション。家賃は、1デスク10,000円~(予定)
運営は、地元のNPOやアーティスト、地域おこし協力隊などが、力を合わせて運営していく。まちづくりに興味のあるクリエイターにはおすすめのシェアオフィスだ。

INTERVIEW
地元クリエイター&先輩移住クリエイターの声

もっと見る

SUPPORT
移住クリエイター求む!サポートします!

※事務所を開設する際に要する経費
(事務機器用品の購入代、オフィス貸借料、通信回線使用料等の一部を補助(補助率1/2、最大100万円))

家賃3ヶ月無料のお試し居住可能!

光熱水費の負担のみで、家賃は無料!
しかも一般的な家財道具付きで最長3ヶ月入居可能です。詳しくはこちら

詳しくはこちら
↑