茨城県北クリエイティブプロジェクト

サテライトオフィスとしての利用でも、地域に貢献する働き方をしたい。エゾラクリエイションズ株式会社 橋本徹也さん

JR常陸多賀駅徒歩約1分の好立地にある、元歯科医院ビルだったシェアオフィス。この地域は日立製作所やJX日鉱日石金属に代表される大企業及び関連中小企業も集積するなど、国内でも有数の産業地域です。今回こちらのシェアオフィスに昨年入居された、エゾラクリエイションズ株式会社の橋本徹也社長にお話しを聞きました。

月に一度の利用もこの場所だからこそ

エゾラクリエイションズ株式会社の本拠地は名古屋。橋本徹也社長は、月に一度のペースでこちらのシェアオフィスを利用されています。システムエンジニア分野で活躍される橋本さん、日立製作所関連の案件フォローアップのためサテライトオフィスとしての進出を決められたそうです。

(橋本さん)やはり本格的に案件を受注するには、拠点がある方がお客様にも安心して頂けますよね。確かにパソコン一台あれば…というのもありますが。やはり対面することは大事ですからね。それと、駅からすぐという立地がサテライトオフィスとしての利用を可能にしています。東京駅から電車で最短約1時間40分で来れますし、外部のお客様をお呼びして打ち合わせするのにも都合が良いですよね。

ezora-3

オフィスで仕事中の橋本さん

ezora-2

同じくシェアオフィスに入居されている地元拠点の株式会社オフィスエムアンドエムの白戸社長(写真右)のサポートがあってこそ進出が出来たとのこと

地域に貢献出来ることは何かないだろうか

橋本さんがこちらのシェアオフィスに来られる際は、よく近くの商店街をぶらりと歩いてみるそうです。

(橋本さん)今日も先ほど商店街を通ったんですが、閑散としている中でも営業されている商店などがあって、どうやって成り立っているんだろう?と思惑する延長で、何か自分に貢献出来ることがあればと考えています。私はシステムエンジニアの分野で幅広く仕事をさせて頂いてきたのですが、小さな商店でも顧客管理のシステムを整備したりと可能性はあると思っています。

hitachitaga-2

シェアオフィスビルの屋上から海側を望む風景

常陸多賀シェアオフィスの可能性

シェアオフィスという形のメリットとして、入居者同士が協業することで新たなビジネスが生まれる可能性という点があります。橋本さんが、こちらに進出するにあたりサポートされた株式会社オフィスエムアンドエムの白戸社長にもその可能性についてお聞きしてみました。

ezora-5

(白戸さん)日立製作所関連の企業さんとも、(地元に)システムエンジニアがいないよねぇといつも話していて。なので、橋本さんのように新しい発想と感覚をお持ちのシステムエンジニアの方であれば、すぐにでも協業出来る可能性はあると思います。また、こちらがシステム開発をして、協業先のサービスメリットになるような業態は色々あると思います。

確かにパソコン一台あれば職種によってはどこでも仕事が出来る時代になりましたが、サテライトオフィスという形でも拠点を構えるのであれば、自分の持っているスキルと地域の課題を掛け合わせて新たな”仕事”を模索することが大事なのだなと改めて思いました。

(Text/Photo: 山根 晋)

Topへ