茨城県北クリエイティブプロジェクト

日立発、愛車を楽しくお得に乗り換えるためのアプリサービスが誕生。デザインパートナーを絶賛募集中!

クリエイターやクリエイティブ企業のみなさんに、具体的なクリエイティブ案件を通じて、茨城県北地域に関わるきっかけとなる情報をお届けする『きっかけワーク』の記事。今回は、UIやUXを得意とするウェブデザイナーの方に、ぜひご覧いただきたい内容です。


車を乗り換えるとき、今の車をなるべく高く売って、欲しい車をなるべく安く買いたい。車好きでなくとも、誰しもが考えるそんなことを実現してくれるアプリサービスが今春、リリースされます。サービスを企画開発したのは、リレー株式会社。何を隠そう、県北が誇るITベンチャー企業、ユニキャストのグループ会社として、本サービスを開発運営するために設立されました。

そこで、リレー株式会社では取締役を務める、株式会社ユニキャストの代表、三ツ堀さんに話を聞きました。

「わたし自身もそうなのですが、だいたい車好きの人って、次に乗りたい車が決まっているんですよね。まだ買ったばかりなのに、もう次の車が気になっている、みたいな(笑)なので、いずれにせよ車を乗り換えることになるのですが、その時に今乗っている車の資産価値と次に乗りたい車の価格推移がある、その価格差が一番小さい状態を狙いたいんですね。そうすれば、家族から文句も言われません…(笑)それを、アプリで簡単に実現できるというのが今回のサービスなんです」

「実は五年以上前から構想を練って、温めていた事業なんです。わたし自身が学生時代に車のパーツなどのネットオークションからビジネスを始めたこともあり、また、大の車好きということから、別会社を立ち上げて、このようなサービスをリリースすることになりました」

株式会社ユニキャストといえば、ITインフラ事業や各クライアントワーク事業のほかに、PepperやSotaを使ったロボティクス事業への取り組みが有名です。それに加え、中古車マッチングサービスを始めるという、しなやかな発想と行動、しかもそれを社内で開発運営が出来るということ。あらためて、県北地域において稀有な会社だと感じます。

▼地域貢献型シェアハウス『コクリエ』内に(株)ユニキャストと同様にリレー(株)も拠点を構える。

▼若手社員が多く在籍する(株)ユニキャスト、その中からリレー(株)のようにモチベーションのある社員が中心となって、新たなサービスと会社が次々立ち上がっていくことを構想している。

ただ、そんな株式会社ユニキャスト・リレー株式会社においても、社内で完結できないのが、デザインフェーズです。比較的、簡素な案件の場合は社内で済ませることができるそうですが、UI(ユーザーインターフェイス)UX(ユーザーエクスペリエンス)を論理とセンスを駆使して構築しなければならない場合、社外のデザイナーに外注することが多いそうです。今回の、中古車マッチングアプリに関しても同様に、パートナーとして一緒に取り組めるウェブデザイナーを求めています。

株式会社ユニキャストHP

茨城県北でクリエイティブを活かす”きっかけワーク”Vol.12

【内容】日立発、愛車を楽しくお得に乗り換えるためのアプリサービスが誕生。デザインパートナーを絶賛募集中!

【事業地域】日立市

【報酬】要相談

【募集期間】2019年6月30日まで

Topへ